中古車でも新車同然で購入する方法

>

未使用車の新古車

新古車は新車じゃない

新古車は、車の新規登録後に使用することを目的とするものではありません。
新古車に人が乗って運転するのは自動車製造工場内の移動や、ディーラーから中古車販売会社等への移動の時のみになります。
新古車の走行距離は数十キロ以内と少なくて、新車時にかぶせてあるビニールが座席シートに付いた状態の車両もあります。
登録の際に名義を取得しているので中古車ではありますが、外装や内装も新車と変わらない状態といえます。
ディーラーや中古車販売会社等も、ノルマなどの関係で購入する使途が多いので、後日に車を販売することになっていることがいえます。
新車のメリットの綺麗であることと、中古車のメリットである価格や一部経費が安いことを考えると、新古車のメリットは増大します。

中古車はタイミングも

新古車には特有のデメリットもあり、車を選べるのは在庫のみになるのでかなり制約されることと、メーカーオプションは付けることができないことと、人気車種などは品薄で手に入れることが難しくなります。
新古車が中古車の分類であるので、色やグレード等においても自分の好みの車が販売されているとは限らないため妥協したり、プラン変更もあるかもしれません。
人気の車種やグレードは売れ筋で、品薄です。
新車であれば購入する際に選べる純正オプションなども、後で付けることができません。
純正オプションは、自動車製造工場の出荷の際に取り付けるメーカーオプションと、ディーラー入荷後に取り付けるディーラーオプションの2種類があります。
メーカーオプションの代表とされるものは、自動ブレーキや予防安全装備などをいいます。
スピーカー等のトータルでセットされたオーディオシステム等もメーカーオプションです。


この記事をシェアする