中古車でも新車同然で購入する方法

>

中古車購入の考え方

人生にあったらいい、という車

中古車は、新車購入時に必要な保険や税金がありません。
新しく登録する時には「自賠責保険」や「自動車重量税」や「自動車税」を支払う必要がありますが、新古車を購入の時にはディーラーが最初に支払っているため購入した人の支払いは不要になります。
新古車は、購入時に必ず必要な自動車取得税のみの支払いになります。
自動車取得税は新車より中古車の方が、かなりの額を節約できることになります。
中古車で乗用軽自動車を購入した時は車検期間は2年程度であっても、新古車の乗用軽自動車は3年に近い車検期間が残っていることが多いです。
軽自動車の新古車市場は人気があり、売り出されるとすぐに完売するそうです。
新古車市場では、登録から数か月以内の軽自動車が出ていて新車同様に綺麗でお得です。

中古車選びの理由

中古車はコストパフォーマンスが高いのが魅力です。
新車の購入した直後の数か月に売った車は、最も車の価値が下がることがわかっているので、新車同様の中古車を探してみつければ安くて綺麗な車をゲットできます。
逆に自分の好みを満足させる車が欲しい人には、新車が向いています。
誰かがオーナーとして乗っていた車には乗りたくないという人や、話題の最新の車を求めている人には中古車は無理かもしれません。
中古車の選び方によっては、新車とほとんど変わらないくらいの綺麗な車を購入できることも。
走行距離の少ない車などオーナーの自宅から短距離の場所にある会社通勤に使っていた車や、セカンドカーでほとんど自宅の屋根付き車庫で眠っていた車など、事情は様々です。
急な転勤などでオーナーが泣きながら車を手放す経緯も確認できる時には、お得な中古車に納得できることも多いでしょう。


この記事をシェアする